HOME >  インストール > 

wp-config.phpの自動作成

WordPressはアップロードしただけでは動きません。アップロードしたサーバーでのインストール作業が必要になります。特定のURLにアクセスして、ブラウザ上でインストール作業を行います。

仮にWordPressを設置したURLが

http://www.abc.net/

ならば、 

http://www.abc.net/wp-admin/install.php

にアクセスすることになります。


1.WordPressのインストール前に、WordPressをインストールするために必要なwp-config.phpを作成します。「ウィザード」のリンクをクリックしてください。

wp-config.phpの作成 (←クリックで拡大します。以下同様)


2.サーバー上でwp-config.phpを自動生成するため、生成先のフォルダに対して書き込みの権限がないと以下のようなメッセージが表示されます。一時的にWordPressを設置したフォルダのパーミッションを「777」に変更してください。

wp-config.phpを生成するディレクトリの属性変更について

フォルダに書き込みの権限を与えられない場合は、手動でwp-config.phpを作成します。作成方法は、こちら


3.MySQLについての確認メッセージが表示されます。利用するレンタルサーバーで設定したMySQLの設定を確認できるようにしてください。

MySQLの確認


4.レンタルサーバーで設定したMySQLの情報を入力する画面です。設定時の情報に書き換えてください。

MySQLの情報入力


5.4の入力が終わると、以下のようなメッセージが表示されます。「WordPressのインストール」のリンクをクリックしてウィザードを先に進みます。

wp-config.phpに必要な情報入力の完了

これ移行の手順は以下の次の記事のリンクをクリックしてください。

関連記事

サーバー別インストールガイド