独自のテンプレートを参照するには

WordPressでは、ダッシュボード内でテーマの編集が可能です。テンプレートのファイル名は決まっており、それによって、どのページにテンプレートが適用されるかが決まってきます。

サイトの構成によっては条件分岐などで表示するコンテンツを変更したい場合があるでしょう。そんなときに1つのテンプレートに全てのソースコードを書いてしまうと管理上、ちょっと不便です。できれば外部ファイル化、またはダッシュボード内で別テンプレートとして管理したいですよね。

別ファイルとしたテンプレートを参照するには以下のようなコードになります。

<?php include (TEMPLATEPATH . "/file.php"); ?>

上記のコード、TEMPLATEPATHに続くファイルのパスは、相対パスで記述するようにしてください。httpからのパスで記述するとエラーになる場合があります。

用意した別テンプレートはPHPとして保存して、Wordpress設置ディレクトリの

wp-content → themes

内にあるテーマディレクトリの中にアップロードするようにしてください。ここにアップロードしておけば、ファイルの相対パスは、上記例の通りファイル名のみで適用されます。

関連記事

サーバー別インストールガイド