HOME >  Ablenet > 

アップロード不要、WordPressの簡易インストール

ABLENETでは、サーバーのコントロールパネルよりWordPressがインストールできる機能がある。

1.コントロールパネルにアクセスし、「16 wordpressのインストール」のリンクをクリック。

ABLENETコントロールパネル

2.WordPressのURLとテーブルの接頭語の設定

クリック後、下記のような設定画面が表示される。

ワードプレスの設定

パーソナルスイートプランの場合、使えるデータベースが1つなので、上記のような画面表示になる。上位プランだと画面表示上でデータベースを設定する旨のメッセージが表示されるので、その場合はそれに従って欲しい。

ドメイン直下を公開URLにしたい場合は、ドロップダウンリストで選択したドメイン名の後の入力欄を空に。ドメイン下にディレクトリを設け、そこでWordPressをインストールする場合は、上記画像のようにディレクトリ名(画像中の「wordpress」)のようにディレクトリ名を設定。

赤枠内は、WordPressインストール時にMySQLに作成されるテーブルの接頭語である。サーバーをレンタルした直後に設置するWordPressであれば、特に設定を変更する必要はないだろう。2個目以降の設置の際に、ここの接頭語を変更すればWordPressを設置することが可能である。

3.簡易インストール開始

設定を確認し問題が無ければ、[次へ]ボタンをクリック。WordPressを設置するURLが表示されるので[インストール]ボタンをクリック。

4.簡易インストール完了

開始からしばらく、といっても10秒くらいで上記画面に。「設定画面」のリンクをクリック。

5.ブログタイトルやメールアドレスなどの初期設定

WordPressの設定画面が表示されるので、項目どおりにタイトルとメアドを入力。入力後、WordPressをインストールボタンをクリックすると下記のようにIDとパスワードが表示される。この間、1分以上待つ場合があるので、気長に待って欲しい。サーバー自体は安定しているので、まず最後まで完了するはずなので。

後はログインして、インストールが完了である。

Ablenetの公式サイトはこちら。

関連記事

サーバー別インストールガイド