phpMyAdminを使ったMySQLのバックアップと復元

WordPressで利用するデータベース「MySQL」これに格納されたデータのバックアップと復元の方法を解説します。

バックアップと復元は、phpMyAdminを利用して行います。

 

MySQLのバックアップ

利用しているサーバーの管理画面などから、phpMyAdminにログインして下さい。
151209mysql-1

ログインできたら、左メニューの中からバックアップを取りたいWordPressで使っているデータベース名をクリックします。

WordPressのデータベース中に含まれるテーブルの一覧が表示されるので、下記赤枠あたりにある「エクスポート」をクリックして下さい。
151209mysql-2

「エクスポート」をクリックした後の画面です。
151209mysql-3

この画面中の「構造」の枠内にある

DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加

にチェックを入れます。

そして「データ」の枠内のある項目のチェックを全てチェックを外して下さい

上に書いた作業後の画面です。
151209mysql-4

この状態から画面右下の実行するボタンをクリックして下さい。.sqlの拡張子のファイルのダウンロードができますので、これを使っているパソコンの任意のフォルダなどに保存して下さい。

これでMySQLのバックアップ(書き出し)が完了です。

参考URL:データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版
 

MySQLの復元

移転先サーバーのphpMyAdminにログインします。

下の画像内、赤枠あたりにある「インポート」をクリックして下さい。
151209mysql-5

画面が移動したら、「インポートするファイル」の枠内にある「ファイルを選択」ボタンをクリックし、移転元サーバーから保存したファイルを選択して下さい。ファイルの文字セットは「UTF8」にします。
151209mysql-6

設定ができたら画面右下にある実行するボタンをクリックして下さい。選択したファイルのデータの読み込みが始まります。

インターネットの環境によって読み込みに時間がかかる場合があるので、操作せずに待って下さい。

しばらくして、読み込むファイルに問題がなければ下の画像のように「インポートは正常に終了しました。~」のようなメッセージが表示されます。
151209mysql-7

これでWordPressのMySQLの復元が完了です。

参考URL:データベースの復元 – WordPress Codex 日本語版

関連記事

サーバー別インストールガイド