エックスサーバーでMySQLを新規に設定する

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして下さい。

データベースの追加

MySQL設定をクリックします。
001_mysql-001b

 

MySQL追加のタブをクリックします。
001_mysql-002b

 

任意のデータベース名を入力し、文字コードにUTF-8を指定して[MySQLの追加(確認)]ボタンを押します。
001_mysql-003b

 

設定したデータベース名に問題がなければ[MySQLデータベースの追加(確定)]ボタンを押して下さい。
001_mysql-004b

 

これでデータベースの追加が完了です。(まだ続きます。)
001_mysql-005b

 

MySQLユーザの追加

先の設定で行ったのは、WordPressのデータを入れる箱を作るような作業で、それを使うためのユーザーがいない状態です。
001_mysql-006b

画像の通り「ユーザーはいません」ので、MySQLユーザー設定を行います。

 

MySQLユーザ追加のタブをクリックします。任意のユーザ名とパスワードを設定します。
001_mysql-007b

データベース名とユーザ名は同じになるように設定した方が、管理は楽かと思います。パスワードについては忘れないようにメモを取るなどして下さい。

 

設定したユーザ名に問題がなければ、ボタンを押して確定して下さい。
001_mysql-008b

 

この表示でMySQLのユーザーの設定が完了です。(もうちょっと続きます。)
001_mysql-009b

 

設定したデータベースとユーザの関連付け

データを入れる箱(データベース)とそれを使う人(ユーザー)の設定を行いましたが、この時点では、この2つが関連付いていません。最後にこの2つを関連付けて、設定が終了します。

 

MySQL設定のトップに戻るとアクセス権所有ユーザの状態が「ユーザーはいません」になっているデータベース名が確認できます。

さらにその右のアクセス権未所有ユーザに、設定したユーザー名が表示されるか、ドロップダウンリストから選択して[追加]ボタンをクリックします。
001_mysql-010b

 

この表示で関連付けが完了します。
001_mysql-011b

 

完了後、MySQL設定のトップを見るとアクセス権所有ユーザに関連付けたユーザー名が表示されます。
001_mysql-012b

 

以上で、エックスサーバーでのMySQLの設定が完了です。

ここで設定したデータベース名、データベースユーザ名、パスワード、ホスト名をすぐに確認できるようにしましょう。

ちなみにホスト名の情報は、MySQL設定のトップの最下部に掲載されています。
001_mysql-013b

関連記事

サーバー別インストールガイド