HOME >  プラグイン > 

WP Social Bookmarking Lightの設置と設定

ソーシャルブックマークなどのボタンをサービスごとに自力で導入するのは結構手間がかかります。そんな手間を一掃してくれるプラグインがWP Social Bookmarking Light

自分がフォローしている@kimura_j のつぶやきで、その存在を知りました。
配布元はこちら。
WordPressにソーシャルブックマークボタンを楽々設置:WP Social Bookmarking Light | NINXIT-BLOG

で、ダウンロードはコチラ
ダウンロード画面

プラグインの設定

プラグインをダウンロードしたら解凍して、サーバーのWordPressの中、wp-content内 pluginsフォルダにアップロードしてください。アップロードし、プラグインを有効化するとダッシュボードの左サイドバーに「WP Social Bookmarking Light」のメニューが追加されます。アクセスすると下記のような設定画面を確認できます。

ブックマークの設定画面

上記の「位置」は、Topで記事本文の上にソーシャルボタンが、Bottomで記事本文の下にソーシャルボタンが表示されます。Noneについては表示しない感じっぽいんですが、これについては追記を検討します。

「個別記事のみ」「ページ」については、Enabledで設定が有効、Disabledで設定が無効となります。

あとは下のボックスで表示したいブックマークボタンをドラッグすればOKです。ちなみに右から左へドラッグで表示するボタンを追加。左のボックスの×ボタンのクリックでボタンの削除となります。

自分が設定したソーシャルブックマークのボタンは、プラグイン導入後に最初から設定されているボタンから、tweetmemeだけを削除して表示させています。

表示したボタンの配置

このサイトでは、WP Social Bookmarking Lightによって表示させたソーシャルブックマークのボタンを記事上に表示させています。で、このボタンですがプラグイン側でスタイルシートが設定されており、適用しているテーマのCSSによっては、余白の関係で配置がずれるなど上手く配置できない場合があるかと思います。

プラグイン適用後に挿入されるHTMLのclass属性を参考に、タグ区間にCSSを記述すると配置を調整できると思います。このサイトの場合ですと下記のようなスタイルシートを記述しています。

<style type="text/css">
<!--
#contents .cont div.wp_social_bookmarking_light{ margin: -10px 10px 30px!important;}
#contents .cont div.wp_social_bookmarking_light div{float:right!important;}
-->
</style>

プラグイン自体はデフォルトのままだと各ボタンがfloatプロパティで左寄せになっているようです。自分の場合は、タイトルの右下にボタンを配置したかったので強制的に右寄せにして余白を調整しました。

このプラグインとZenbackを併用すれば、大体のソーシャル系のメディアとつながれると思います。

関連記事

サーバー別インストールガイド