HOME >  プラグイン > 

記事の投稿をTwitter上で通知するTweetly Updater

記事を投稿した後、その通知をTwitter上にしてくれるプラグイン「Tweetly Updater」

このプラグインの便利なところは、新規に記事を投稿した後につぶやくのか、記事の更新でつぶやくのかなど設定できるところですね。プラグインのダウンロードはコチラから。ファイルをダウンロードしたらプラグインのファイルをアップロードし有効化して下さい。

ここよりプラグインを有効化した後の設定についてご説明します。

まずはTwitterと連携します。Sign in with Twitterのボタンをクリックしてください。
Twitterとの連携

Twitterにログインしている状態なら下記のような表示になります。許可するのボタンをクリックして下さい。
Twitterとの連携画面

連携が成功すると下記のような表示になります。
連携完了

次に短縮URLのbit.lyとの連携です。Twitterに通知する際、記事のURLも一緒に通知できます。ただサイトのURLによっては文字数がオーバーする可能性があるので、URLを自動で短縮する設定にした方が良いでしょう。WordPressと連携させるためにbit.lyにユーザー登録して下さい。

ユーザー登録後に必要なのはbit.lyのAPIキーです。これはユーザー登録完了後にbit.lyにログインした後、下記のURLにアクセスすると確認できます。

http://bit.ly/a/your_api_key/

アクセスすると下記のような画面になることと思います。
bit.lyのユーザ名とAPIKeyの確認画面

ここに表示されたUsernameとAPIKeyをコピーして、Tweetly Updaterの設定画面、下記のフォームにペーストし、save loginボタンを押して下さい。
bit.lyのユーザ名とAPIKeyの貼り付け

ここまでの作業でTwitterの連携と記事URLの自動短縮の設定が完了です。最後に記事投稿時のどのタイミングでつぶやくかの設定です。このプラグインの場合、つぶやくタイミングは、新規投稿時または、記事の追記・編集完了時の2つになります。追加編集後に毎回つぶやく場合、同じツイートが並んでしまう可能性があるので新規投稿完了時につぶやく設定にすると良いでしょう。

このサイトの場合は、Tweetly Updaterの設定画面で下記のように設定しています。
つぶやくタイミングの設定

デフォルトの設定で上記画像の赤丸部分のチェックボックスがオンになっているんですが、これをオフにすれば新規投稿時のみにつぶやかれます。

参考サイト

使用中のおすすめWordPressプラグイン15個 | Webクリエイターボックス

関連記事

サーバー別インストールガイド