HOME >  プラグイン > 

記事をインポートができるプラグイン WordPress Importer

WordPress Importerは、記事やカスタムフィールド等のデータをインポートするためのプラグインです。

プラグインの導入

ダッシュボードの左サイドメニュー「ツール」の下のインポートをクリックします。右側にどのブログツールのデータのインポートするのか一覧表が表示されますので、この中からWordPressをクリックします。

プラグインの導入

下記のような表示になりますので、いますぐインストールをクリックして下さい。

インストール直前

下記のような表示になればインストール完了です。サーバー側の仕様で下記のように自動でインストールできない場合は、コチラからプラグインファイルをダウンロードし、サーバーのpluginsフォルダにアップロードして下さい。

自動インストール完了

インポートファイルのアップロード

インストール完了後、プラグインを有効化してインポートツールを実行をクリックすると下記のような画面になります。参照ボタンを押して、ローカル環境からインポートしたいファイルを選択してください。

アップロードファイルの選択

ファイルをアップロードすると英語表記でオプション選択画面が表示されます。管理者が同じで、記事を単純にインポートするだけなら、この画面で特に設定は不要です。Submitボタンを押してください。

インポートオプションの選択

インポートが成功すると下記のような表示になります。

インポート成功

関連記事

サーバー別インストールガイド