HOME >  プラグイン > 

基本的な内部SEO対策 All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、ページのタイトル、metaタグでのキーワード、概要等の設定など、内部要因に関わるSEOを補助してくれるプラグインです。

プラグインの導入

ダッシュボードからプラグイン「All in One SEO Pack」を追加する場合は、こちらの記事を参考にインストールして下さい。プラグインのタイトルで検索すれば、すぐにヒットします。

ダッシュボードからの自動インストールができない場合

まず、こちらにアクセスします。
http://wordpress.org/extend/plugins/all-in-one-seo-pack/

右上の赤枠内、Download Version・・・の部分をクリックして下さい。圧縮ファイルがダウンロードできます。

All in one SEOのダウンロードページ

ダウンロードファイルを解凍します。FTPでWordPressを設置したディレクトリにアクセスして下さい。

wp-content → plugins
の順にディレクトリを開き、解凍したフォルダごとアップロードします。アップロード後、ダッシュボードにてプラグインを有効にしてください。

All in One SEO Packの設定

プラグインを有効にするとダッシュボードの左サイドバーにメニューが追加されます。

メニューをクリックするとプラグインの設定画面に移動します。上から設定項目について説明します。

1.プラグインの有効化

設定01

Plugin Statusのラジオボタンで設定を、
有効にする(Enabled)、または
無効にする(Disabled)を選択してください。

2.トップページのmetaタグ内の設定

設定02

この部分はトップページのタイトル、概要、キーワードを設定する箇所です。ここに入力した情報が優先されて出力されます。

Home Title → サイトタイトル
Home Description → サイトの概要
Home Keywords (comma separated) →キーワード(半角カンマ区切りで記述)

3.重複コンテンツを防ぐ

Canonical URLsの設定

サイト内の重複コンテンツを防ぐタグをheadタグ区間に挿入するかどうかの指定です。チェックボックスをオンにすると挿入されます。Canonical URLについては、こちらのブログを参考にしてください。

参考:
Google, Matt Cuttsによるrel=”canonical”タグの解説ビデオ | 海外SEO情報ブログ

4.タイトルの書き換え

タイトルのリライトの設定

Rewrite Titles
このチェックボックスをオンにすることで、この下で表示されているフォーマットでタイトルの書き換えが有効になります。

5.単一投稿のmetaキーワードの生成

metaキーワードの生成の設定

Use Categories for META keywords:
→ このチェックボックスをオンにするとカテゴリ名がキーワードとして挿入されます。

Use Tags for META keywords:
→タグがキーワードに挿入されます。

Dynamically Generate Keywords for Posts Page:
→各記事のキーワードが自動生成されます。

6.アーカイブ関連のインデックス

アーカイブページをインデックスするかしないか

上から順に、カテゴリーページ、アーカイブ(月別など)ページ、タグページを検索エンジンにインデックスさせないための指定です。チェックボックスをオンにすることで有効になります。

All in One SEO Packの設定は他にもあるのですが、私の場合、上記5から下の設定は、全て空欄またはチェックボックスをオフにして、このプラグインを使っています。その他、詳細については参考ページをご覧ください。

■参考ページ:
ALL in One SEO 使い方 | 知識なしで【EC-CUBE】カスタマイズ
All in One SEO Pack 有効化と設定 | Web Learn Log

関連記事

サーバー別インストールガイド