HOME >  クイッカ > 

MySQLの設定

レンタルサーバー「クイッカ」で、WordPressに必要なデータベース、MySQLの設定についてご説明します。クイッカの管理画面にアクセスして下さい。

スパナのアイコンをクリックします。

c Panel Xへログイン

管理画面からスパナアイコンをクリックするとサーバー管理ツール「c Panel X」にログインします。このcPanelですがサーバー管理ツールとして有名でアメリカのレンタルサーバーなんかで多く使われていたりします。

ログインしたら画面を下にスクロールして下さい。

データベースのエリアが見えてくるのでMySQL データベースのリンクをクリックして下さい。

データベースの作成

画面が移動したら、データベースを作成します。

フォームに任意の名前を指定して「データベースの作成」ボタンを押してください。

データベースが作成されました。ここで表示されるメッセージ、Added the Databaseの後の太字の文字列がデータベース名になります。WordPressの設置の際に確認できるようメモを取っておいて下さい。

GoBackのリンクをクリックしてMySQLのトップページに戻りましょう。

データベースのユーザーとパスワードの設定

画面を下にスクロールすると下記のようなフォームがあります。ここでユーザーとパスワードを入力して設定します。

ユーザー名はデータベース名と同じにしておくと良いでしょう。パスワードについてですが、入力した文字列に対してStrengthというゲージ上で数字がパスワードの強度として表示されるんですが5以上にならないと設定できません。

設定したら「ユーザの作成」ボタンを押してください。

作成したユーザとパスワードが太字で表示されます。こちらもメモしておきましょう。

GoBackのリンクをクリックしてMySQLのトップページに戻りましょう。

作成したデータベースにユーザを割り当てる

先の操作はあくまでデータベースとユーザをバラバラに設定しただけなので、このままでWordPressのデータベースとしては利用できません。これらを関連付ける必要があります。

MySQLのトップページを下にスクロールします。データベースにユーザを追加するの箇所があるので、ここで作成したデータベースとユーザを選択して下さい。選択したら「追加」ボタンを押します。

MySQLアカウント管理という画面が開きます。開いたらすべての特権にチェックを入れます。必ずチェックを入れて下さい

上記のように全ての項目にチェックが入ります。「変更を加える」ボタンをクリックします。

データベースに対してユーザの割り当てが完了します。GoBackのリンクをクリックしてMySQLのトップページに戻ります。MySQLのトップページに表示される現在のデータベースの下に表示される一覧に今回作業したデータベースが追加されているかご確認下さい。

以上が、クイッカでのMySQLの設定です。

関連記事

サーバー別インストールガイド